更新日: March 20, 2018
0 お気に入り

【恵比寿】"シメそうめん"もできる!深夜まで営業のそうめん専門店『そそそ』

恵比寿にあるそうめん専門店『そそそ』をご紹介。ランチはもちろん、夜遅くまで営業しているので、シメラーメンならぬ"シメそうめん"ができてしまうのです。オーナーさんこだわりのバラエティ豊かなそうめんが楽しめるので、ぜひ足を運んでみてください。

Sympaをフォロー

金・土祝前日は朝4時まで営業!恵比寿のそうめん専門店『そそそ』

Retina retina img 2387
2018年1月にオープンした『そそそ』は、東京にもわずかしかない“そうめん専門店"。
オープンして間もないにも関わらず、多くの食通やメディアにも大注目されているお店です。
ランチはもちろん、平日は深夜0時まで、金・土祝前日はなんと翌4時まで営業しているので、ディナーや飲み会の後にシメラーメンならぬ"シメそうめん"ができてしまうのです!

お店は恵比寿駅西口から徒歩3分ほど。お洒落なカフェのような外観です。
店内は1階にカウンター席、2階にテーブル席が用意されており、シックで落ち着いた雰囲気。

そそそ

東京都渋谷区恵比寿西1-4-1

SNS映えも抜群!定番人気は「ふわふわ釜玉」

Retina retina img 2352
定番の人気メニュー「ふわふわ釜玉」(650円)。
卵白をメレンゲ状にして濃厚な黄身をのせたフォトジェニックな一品。

『そそそ』最大の特徴は、オーナーさんが初めて食べてその味に恋をしたという小豆島のそうめん「島の光」を使用しているということ。
「島の光」は、日本で唯一ごま油を使用して練った希少性の高い麺。
Retina retina img 2360
小豆島の金両醤油の旨味のあるだし醤油をかけて、よく混ぜ合わせていただきます。
Retina retina img 2373
ひと口食べると、そうめんとは思えない驚きの弾力とコシ!ツルッとしていて喉越しも心地良いです。
ふわふわのメレンゲが麺にしっかり絡み、深い旨みを感じます。まさにやみつきになる味わい。
女性はもちろん男性でも満足できること間違いなしの一品。

そそそ

東京都渋谷区恵比寿西1-4-1

女子ウケ必須!アレンジメニュー「明太クリームうどん」

Retina retina img 2308
そうめんと聞くとシンプルに冷やしていただいたり煮麺だったり、アレンジをするというイメージがあまりないですが、『そそそ』ではそのイメージを覆すかのようなバリエーション豊かなメニューが揃っています。

こちらは「明太クリームうどん」(FULL1,000円)。
キレイなクリームのピンク色はSNS映えも女子ウケも間違いなし!
Retina retina img 2340
濃厚なクリームでありながらも、喉越しの良いそうめんと合わさることによって全く重く感じません。
明太子のつぶつぶとした食感や、大葉の爽やかなアクセントも楽しめる一品。
最後まで飽きずにペロッと食べられてしまいます。

おわりに

Retina retina img 2390
恵比寿にあるそうめん専門店『そそそ』をご紹介しました。オーナーさんこだわりのそうめんを使ったさまざまなメニューが楽しめます。ランチはもちろん、ディナーや飲み会の後などあらゆるシチュエーションで利用できるので、ぜひ一度足を運んでみてくださいね。

そそそ

東京都渋谷区恵比寿西1-4-1
吉川翠
デートに選んでくれたお店が素敵だと、その人のことも普段以上に素敵に見えてしまうもの。お店選びでデートの勝敗がある程度決まってしまうというのも、あながち嘘ではないのです。いい男アピール…もといあなたの男としての魅力をより底上げしてくれるデート必勝店、教えちゃいます。

アクセスランキング

オススメ記事

1

【2月11日】一夜限り、秘密のレストランで開催される「イタリアンディナー」が予約開始!

吉川翠

グルメイベント

【6月9日】"モエシャン"を楽しみ尽くす!一夜限りのスペシャルイベントが開催!

6月9日(土) 〜

【6/1〜】六本木の夜景に乾杯!『東京肉割烹すどう』屋上で"グランピングBBQ"が開催

6月1日(金) 〜

【5/18〜】フランス人人間国宝によるショコラ×マンゴーの初夏パフェが銀座に登場!

5月18日(金) 〜

あの「チョコパイ」が大人のスイーツに変身!鎧塚シェフ監修"生"チョコパイを一足先に体験してきた

4月19日(木) 〜

19,800円の"超贅沢ウニ尽くしコース"が六本木ウニ専門店『UNIHOLIC』でスタート!

4月12日(木) 〜

おすすめカテゴリー