更新日: December 20, 2017
0 お気に入り

恵比寿『coci』のタイ料理で頬を赤らめる彼女との距離は、そっと近づいて、離れる。

恵比寿駅で電車の扉を開くと、電車から降りようとする僕達よりも早く、冷たい空気が一気に押し寄せてくる。人波に押されながら、ホームの上でマフラーに顔を埋めた彼女を見ていたら、視線が合った。しばらくぶりの再会。夏ぶりにエスニックが食べたいという彼女と5分ほど歩くと、徐々に彼女の頬が赤くなってきた

Sympaをフォロー

キャンドルの灯りが、寒さで赤くなった彼女の頬を更に赤らめる。

Retina img 1838  1
「タイ料理屋さんて聞いてたけど、想像より静かだね」

渋谷川のほとり。恵比寿駅から数分歩く間にすっかり冷えてしまったのか、頬を赤くした彼女はお店に着くとホッとした様にマフラーを外した。

『coci』は一軒家を改装したタイ料理レストラン。
落ち着いた、静かな空間は一軒家だからなのか、川沿いという立地のせいか。

coci

東京都渋谷区東3-16-10

「今日は誘ってくれて有難う」 優しく触れるような乾杯。

Retina img 1792
暖房の効いた店内でホッとしたのか、甘い香りとスッキリととしたあと味が女性に人気のあるビアカクテル「グァバビール」が彼女の前に到着。

「改めて、今日は誘ってくれて有難う」
言いながら、彼女はグラスを持ち上げる。そっと、優しく軽く触れるような乾杯。

僕の「シンハービール」と違い、不透明なビアカクテルが近づいて、離れる。

彼女との距離感が、そっと近づいては、離れる。

Retina pc121043
フンワリとした彼女との距離感が、乾杯と同じようにそっと近づいては、離れる。
少しづつ、色々食べたいという彼女のリクエスト「前菜6種盛り合わせ贅沢プレート」が少し距離を埋めてくれた。

定番人気メニュー「ポピア ソット(生春巻き)」「トード マン クン(海老のすり身揚げ)」「ソムタム(青パパイヤのサラダ)」と季節によって変わる3種のタイ料理。
この時期は「ホーイ トート(タイ風お好み焼き)」「根菜のタイ味噌煮込み」「ヤム タオフー(タイ風豆腐のサラダ)」の3種と定番3種が、ワンプレートになっている。

「ひとつひとつ、優しいね。」ゆっくりとつぶやく彼女は。

Retina pc121047
前菜盛り合わせのみで提供される「根菜のタイ味噌煮込み」。

和食の煮込み料理と見た目は似ているが、食べてみるとアッサリとした味わい。
大豆から作られる「タオチオ」という調味料は「タイの味噌」とも呼ばれるが日本人には「薄い味噌」のような味と風味。

「香りは変わってるけど、優しい味だね。」
ゆっくりと噛み締めた根菜を飲み込み、ゆっくりと彼女がつぶやく。
Retina pc121053
完全自家製の「ポピア ソット(生春巻き)」は人気が高く、早い時間に売り切れてしまうそう。
盛り合わせなら、ちょっと遅い時間でもほぼ確実に食べられる。

「ズルしてるみたいだけど、楽しいね」
相好を崩しながらつぶやく。いたずらの共犯のような笑顔はズルい。

彼女の唇の端でキラキラ光るのは

Retina pc121061
キラキラと輝く「ガイヤーン」。
岩手県 銘柄鶏「いわい鶏」を自家製のつけダレに丸二日間漬け込むという手の込んだ一品。
ゆっくりと火を通した「ガイヤーン」は全体的にしっとりとした仕上がり。
タイ料理では必須とも言えるハーブ、「バイマックル」の柑橘系の爽やかな香りがテーブルに広がった。
Retina pc121070
しっとりと仕上げた「ガイヤーン」は、お店の人がカットしてくれる。
自家製のつけダレがしっかりと染み込んだ鶏肉は、フワフワとした食感。噛みしめる程にうま味が口の中に広がり、香辛料の香りが鼻から抜ける。

「香りまで美味しい・・・」
無意識につぶやく彼女の唇の端でキラキラ光るのは、鶏の脂か、照明の反射か。

彼女の指の動きが、どこか微笑ましい。2つの味の鍋。

Retina pc121132
彼女との間に用意されたのは、「タイスキ2色鍋」。
今やタイを代表する鍋料理である「タイスキ鍋」とパクチーたっぷりの「トムヤンクンパクチー鍋」が同時に楽しめる贅沢な2色鍋。
海老、肉にたっぷりの野菜とかなりのボリューム感。
小皿に取り分けながら、ほころぶ彼女の顔が、湯気の向こうで揺れている。
Retina pc121153 1
「タイスキ鍋」は塩ベース。胡麻の風味とスパイスが刺激的な特製ダレをつけていただくと独特の香辛料の香りが舌を刺激する。

自家製のタレはどの具材にもフィットするように素材のうま味を引き出すよう。
鍋と小鉢、タレの小さじと箸をせわしなく行ったり来たりする彼女の指先の様子が、どこか微笑ましい。
Retina pc121145
レモングラスの爽やかな酸味が効いた「トムヤンクンパクチー鍋」は、ココナッツミルクのまろやかなコクと、具材の旨みが合わさり深い味わいを生み出している。

「これは・・・止まらないね」
絶妙なスパイシーさで、何杯でも食べられそうだ。

ホームを歩く、彼女の視線の先は。

Retina img 1861  1
店を出る直前、顔をうっすら赤らめた彼女の笑顔に、こちらも自然と笑顔になった。

「じゃぁ私、こっちの方だから。」
恵比寿駅のホームで逆方向の電車に消えていく彼女。
発車する電車に押し出された風は、数時間前に感じたよりも冷たくなっていた。

coci

東京都渋谷区東3-16-10
Yuri.K
インテリアも料理も、好きです!最近はお寿司にハマりつつあります

アクセスランキング

1

【恵比寿】暖炉の炎が燃え上がっては灰になるのを、僕はまだ知らない。『MERCER CAFE DANRO』

本間アキ
2

【銀座】写真を撮らずにはいられない!衝撃の"メロンパンケーキ"『銀座ブリッヂ』

吉川翠
3

【銀座】定番フランス料理とワインでデート!気軽に使いたいフレンチバル『Refuge』

Kanako
4

【恵比寿】名物"アボカドトースト"は必食!NY発の人気店でディナーデート『CAFE GITANE』

吉川翠
5

【恵比寿】『M/HOUSE』でアフタヌーンティーを満喫!夢の三段ケーキスタンド。

Kanako

おすすめカテゴリー