どうやったら健康になれるの?その悩みを青汁一本で解決!

青汁

large

青汁は健康補助食品としては、かなり主流になってきた飲み物です。

普段の生活で中々補う事が出来ないような、ビタミンやミネラルを一杯で摂取出来るという事もあって注目されています。

種類も様々であり、飲み方によって効果の感じ方も違ってきます。

今回はそういった青汁について、飲み方等に注目しつつ詳しく紹介していきたいと思います。




青汁は飲めば健康になれる?

そもそも青汁とは?

健康補助食品の中では欠かす事が出来なくなった青汁ですが、どういう商品なのか理解していない人も多いでしょう。

青汁とは、緑黄色野菜の成分を凝縮させてドリンクにした物です。

普段の生活の中で、一日分の野菜を摂取しようと思うと、莫大な量の野菜を食べなければなりませんが、青汁を飲む事によってそれを改善出来ます。

野菜不足によって様々な病気を発症しやすくなり、体も不健康な体になってしまうので、野菜を摂取する事は必須になってきます。

そこで、必要なビタミンを摂取するために役に立つのが、青汁という訳です。

基本的には粉末状になっている物が多く、それを水等に溶かしてから飲む事が多いです。

作られている青汁のほとんどが、生の野菜を冷凍しそのままミキサーにかけて、瞬間冷凍し粉末にしているので、ビタミンを殺す事なく粉末にビタミンを配合しています。

青汁に含まれている成分として最も挙げられるのは、ビタミンEでしょう。

ビタミンEは普通に摂取しようと思うとかなり困難なビタミンであり、何かで補う必要があります。

また、その他にもミネラル分が多く含まれているという事から、体のだるさを緩和してくれるような効き目も感じられます。

夏バテで体がだるいという時に、ミネラル分を欲する事があるので、夏になると青汁を定期的に飲めば夏バテしにくい体を作る事が出来ます。

私も夏になると、青汁を定期的に飲む様にしていますが、最初の方はやはり味に抵抗があるという事もあって、中々飲む事が出来ません。

しかし、味に慣れていけばおいしく飲む事が出来るので、普段の生活の中で私の健康を補助してくれています。

青汁を飲むとどうなるの?

青汁を飲みたいと思っている人は、どのような効果が期待出来るかを知ってから飲んでみると良いでしょう。

まずは、健康を補助する役割があるという事です。

これは、健康補助食品として販売されているので当たり前の効果と言えますが、普段の生活の中で不足しがちなビタミンやミネラルを一杯で補えるというのはかなり重要です。

その他には、美容効果が期待出来るという事です。

女性にとっては、かなりうれしい効果になっていますが、青汁には肌荒れやニキビを改善するために必須な、ビタミンEやビタミンCが多く配合されています。

ビタミンCに関しては、肌に張りを与えて美肌効果が期待出来るという事が分かっていますし、抗酸化作用もあります。

ビタミンEに関しても、強い抗酸化作用があるという事から、アンチエイジングには必須な成分として注目されているのです。

どちらの成分も血行を促進するために必須な成分になっており、血行を促進すれば、同時に美肌効果も期待する事が出来ますから、非常に便利です。

私が飲み始めたきっかけは、不足しているビタミンを摂取するためでしたが、毎日飲んでいくにつれて肌が徐々に綺麗になっていきました。

当然洗顔も行っていますが、それ以上に青汁を飲み始めてからより肌が綺麗になってきたので、効果を実感出来ています。

女性で肌の悩みを抱えている人は、青汁を飲んで改善してみると良いでしょう。

配合している成分によって効果が違う!?

青汁には様々な種類があり、原材料によってその種類が変わってきます。

主に使用されているのがケールになります。

ケールは、青汁には必須といっても良い程配合されている成分であり、青汁の特有の苦さはこのケールから来ている事が多いです。

しかし、最近ではケール以外の野菜を軸に作られている青汁も多く存在します。

その中で代表的なのが、大麦若葉です。

CM等でよく耳にする大麦若葉ですが、ケール以上にビタミンが含まれているという事から、かなり注目されるようになりました。

もちろん大麦若葉だけを粉末にした物ではなく、その他にもほうれん草や小松菜といった緑黄色野菜を原材料とした青汁も存在します。

そして、大麦若葉とケールの両方を配合したスペシャル青汁も存在するという事から、非常に注目されています。

双方ビタミンEが多く配合されている事から、青汁特有の味がしてしまいますが、その分効果を実感出来ます。

仮にも、美容効果を期待したいと思っている人は、こういった青汁ではなく、ビタミンCを多く配合している青汁を飲むと良いでしょう。

そのため、用途に応じて青汁を選ぶ事が重要になってくるというわけです。




青汁でできるダイエット!

青汁は飲むだけで瘦せる!?

青汁は健康補助食品として注目されていますが、ダイエット効果も期待出来ます。

そこで、巷で有名になっているのが、飲むだけで瘦せるという事です。

答えを言うと、飲むだけで瘦せる事はありません。

ましてや、すぐに効果が出るというサイト等も存在しますが、すぐに効果が出る事もなく、継続して飲み続けてやっと効果を期待出来る訳です。

ダイエット方法としてあげられるのは、普段の生活の中で青汁を一杯飲むだけです。

それだけで効果が実感出来るという事から、非常に注目されている訳ですが、そう簡単にはいきません。

何か小腹がすいた時等に間食をしてしまう事がありますが、そのタイミングで青汁を飲むというわけです。

要するに、お菓子等と置き換えて青汁を飲んでいる訳ですから、少し摂取カロリーを少なくして、栄養を多くとっているだけなので、すぐにダイエット効果は期待出来ないという事です。

すぐに効果を期待したいと思っている人なら、一日三食の中で一食だけを青汁に置き換えるという方法もあります。

しかし、この方法は空腹感が尋常ではなくなるので、あまりおすすめ出来ない飲み方です。

基本は健康を補助するためにもある青汁ですが、不健康な体にしてしまってはあまり意味がありません。

私も青汁ダイエットが気になって夜ご飯を青汁に置き換えた事があります。

最初の方は問題なく飲み続けられていたのですが、徐々にそれが辛くなっていき、最終的には青汁自体飲めなくなっていました。

せっかく健康的な体になっている途中の出来事だったので、継続して飲みたいなら無理なく飲み続ける事が重要でしょう。

どのペースで飲むのが理想?

青汁を飲みたいと思った時に、どのペースで飲めば良いのか迷う事があります。

人によって変わってきますが、やはりお腹が減りやすくビタミンを吸収しやすい、昼頃に飲むのがベストです。

しかし、ランチをしている時やお昼ご飯を食べた後に青汁を飲んでいると、周りの目が気になってしまう事があります。

ご飯の後に青汁を飲めばいいだけであって、昼食後に必ず飲むというわけではありません。

理想は、15時程に飲むのがベストになってきます。

小腹もすき始めてくるでしょうから、青汁を飲んでお腹をいっぱいにして活動すると、効率よく青汁を飲めます。

量に関して言えば、人によって変わってくるのでこれも何とも言えませんが、一日に350mlを飲む事を心がけると良いでしょう。

青汁の味が少し苦手だと思っている人は、複数回に分けて飲んでも問題はありません。

それ以上に飲むのも確かにありですが、あまり服用しすぎてしまうと、ビタミンやミネラルの過剰摂取という事で、病気を誘発してしまう可能性もあります。

そうなってしまうと、健康的な体作りをしていた意味がなくなってくるので、要注意です。

粉末タイプになっている物であれば、どのタイミングでどの量を飲めば良いかという事が記載されている事が多いので、その用量を守って飲んでみると良いでしょう。

青汁は便秘を改善する効果がある!?

青汁は食物繊維を多く含んでいる事から、便秘を改善する事が出来る成分が配合されています。

女性で便秘に悩まされている人は多いですし、ポッコリお腹が気になるという人も多い中で、こういう効果があると非常にうれしいです。

また、普段の生活の中で便秘を改善しようと思うと、中々改善出来ない物であり、ストレスが溜まっていく一方です。

しかし、青汁を毎日飲む事によって便秘を改善出来るとなると飲まない理由がなくなってきます。

私も便秘に悩まされる事がありましたが、青汁を飲み始めてから2週間程で、お通じが良くなりました。

最初の方は、3日でないという事もありましたが、今では毎日快便で助かっています。

普段便秘で悩んでいる人がいれば、少量でも良いので青汁を飲む事をおすすめします。

青汁は苦くて飲めない!おすすめの飲み方を紹介!

料理に混ぜて使用する青汁!

青汁は、緑黄色野菜特有の味がするので飲むのに抵抗があるという人も存在します。

その味は苦く、野菜の苦みをもろに感じてしまうので、苦手な人が多いのもうなずけます。

そこで、おすすめの調理法として挙げられるのは、料理に混ぜて使用するという方法です。

混ぜる料理は様々ですが、やはり野菜等を使用している料理に混ぜるのがベストでしょう。

粉末タイプになっている物であれば、サラダの上からかけてみるのも良いでしょう。

その他には、ハンバーグのつなぎとして青汁の粉末を混ぜるのもよいです。

ハンバーグに関しては、少し苦みを感じてしまう様なハンバーグになってしまいますが、調理法によってはかなり美味しいハンバーグになります。

その他には、調味料としても使用する事が出来ます。

ソースに少し青汁を混ぜてほろ苦いソースを作ってみたり、和風ソースに青汁を混ぜて野菜も摂取出来るソースを作ってみたり出来ます。

調理法は人によって様々ですが、やはりおすすめなのは加熱をしない調理法です。

ビタミンは、粉末にしているとは言え熱を通してしまうと逃げてしまう事があります。

せっかく凝縮されているビタミンを逃がしてしまうと、青汁を飲んでいる意味がなくなってきますから、調理法も気をつけると良いでしょう。

ジュースに混ぜて飲んでみよう!

青汁を飲みたいと思っている時に、ジュースに混ぜて飲む事があります。

苦い青汁をジュースに混ぜると、美味しくないという意見もありますが、物によってはあう事もあります。

水に混ぜて飲むというのがベストであり、青汁本来の味を感じる事が出来ますが、ジュースに混ぜるとその分飲みやすくなるのでおすすめです。

中でもおすすめなのは、オレンジジュースやトマトジュースです。

あまり甘味料が入っていない物で、果汁100%のジュースの方が望ましいでしょう。

ただジュースに粉末を入れて飲むのではなく、ミキサーに粉末とジュース、氷を入れて混ぜてから飲むと良いです。

少しスムージーチックになるので、かなり飲みやすくなります。

味は、市販の野菜生活等の野菜ジュースのような味になってくるので、青汁が苦手な人でも気軽に飲む事が出来ます。

青汁がどうしても飲めない人はサプリで補おう!

青汁サプリとは?

青汁は粉末タイプになっている物が多く、水に溶かして飲みます。

しかし、その苦い青汁を毎日摂取するとなると慣れるまでに時間がかかってしまいますし、少し困難です。

そこで注目されているのが、青汁サプリになってきます。

青汁の成分を凝縮したサプリメントですが、水に溶かして飲むよりもかなり飲みやすいです。

また、味も全く感じないので、普通のサプリメントの感覚で摂取出来るというメリットがあります。

私も、水に溶かして飲めなくなったので、青汁サプリに移行しましたが、かなり飲みやすいと思います。

効果に関しては特に目立った物は期待出来ていませんが、今後継続して飲み続ければ効果が期待出来ると思っているので、飲み続けたいと思います。

どのくらいのペースで飲むのがベスト?

青汁サプリは、普通の青汁に比べると飲みやすくなっているので、自分の決めたペースで飲めるという特徴があります。

青臭くなく、青汁特有の味もしませんから、毎日飲む事も苦ではないでしょう。

ペースで言うと、一日3回を目安に飲むと良いです。

少なくとも昼夜に飲むと、効果を実感出来やすくなります。

まとめ

このように青汁には、健康を補助するだけではなく、美容効果等も期待出来る事が分かりました。

ダイエット効果も期待出来るので、女性にとってはかなりおすすめのな健康補助食品でしょう。

飲み方も様々で、自分のペースにあわせて飲む事が出来るのが青汁の特徴でもあります。

どうしても飲みにくいという人は、青汁サプリ等で摂取してみるのも良いです。




青汁