妊娠をすると便秘になりやすい!?妊娠中に青汁を飲んでも問題ない理由とは?

青汁

青汁を習慣にしている妊娠をした人は、「妊娠をしても青汁を飲んで大丈夫?」と思うことでしょう。

妊娠をすると細かいことに気を使うようになったり、不安などが増えてしまいます。

そして、妊娠中は便秘になりやすいといわれています。

便秘には青汁が効果的ですが、妊娠中は青汁を飲んでも問題ないのでしょうか?

そんな疑問を解消するために、妊娠中の青汁に関することについて紹介していきます。




妊娠中の体調

妊娠をすると不安なことが増えていき精神的に負担がかかります。

そのためちょっとしたことでも神経を使うようになります。

その一つが青汁で、青汁を習慣にしていた人は妊娠をしても飲み続けて良いのか疑問に感じてしまいます。

中には、妊娠中に青汁は良くないと言う人もいますが、実際のところどうなのでしょうか?

妊娠中は体調が悪くなる人が多くいます。

それはつわりや便秘や精神的なもので、つわりにより食欲不振になることがあります。

そうすると、バランス良く栄養を摂ることは難しくなりますが、お腹の中の胎児を健やかに成長させるには栄養バランスの良い食事が必要になります。

また、お腹の中で胎児が成長することにより、胎動を感じるようになります。

そして、胎児の成長の影響で腸が強く押しつけられ便秘になってしまうことがあります。

それと、女性ホルモンが影響して腸の動きが悪くなることも便秘の原因になっています。

そのため、食物繊維や乳酸菌を多く含む食べ物をとり、便秘を予防、改善することが大切です。

母親が不健康だとお腹の中の胎児が健やかに成長することができないので、妊娠中は栄養面などに注意する必要があります。




妊娠中に青汁を飲んでも大丈夫?

青汁はタンパク質やビタミン類やミネラル類がバランス良く豊富に含まれています。

そのため、青汁を飲むことは健康効果を高めることに繋がります。

そんな素晴らしい効果のある青汁ですが、妊娠中に飲んでも問題ないのでしょうか?

その答えは問題ないということになります。

母親と胎児にはバランスの良い栄養が必要です。

その栄養を青汁でサポートすることができます。

青汁にはバランス良く栄養が含まれているので、病気になりにくくなり、便秘の予防や解消効果にも期待できます。

したがって、青汁は妊娠中でも安心して飲むことができる、健康効果に優れた飲み物だということになります。

妊娠中はカフェインを控えること

妊娠中にカフェインを摂ることは身体に良くありません。

それでは、なぜ妊娠中にカフェインが良くないのか説明していきます。

妊娠中にカフェインを避けたほうが良い理由

カフェインが含まれているコーヒーや紅茶などを飲むとスッキリとした感じになります。

そのため、疲れがとれたと勘違いしてしまうことがあります。

しかし、疲れがとれたわけではなく、カフェインによって中枢神経を刺激したことにより、疲れがとれたと勘違いしてしまいます。

カフェインによって中枢神経が刺激されると、心拍数が上がったり、頭が覚醒されたりします。

そのため、頭が何だかスッキリとして、疲れがとれたと勘違いしてしまいます。

そして、カフェインを摂ることによりお腹の調子が悪くなる人もいます。

これは、消化に携わる器官が刺激されることによりそのような症状を引き起こしてしまいます。

上記のような働きがあるカフェインを妊娠中に摂ると、カフェインの成分が胎児にも影響してしまいます。

それと、妊娠中はカフェインが残されやすくなります。

それは、妊娠をしているとカフェインを分解するのに時間がかかるためです。

そのため、胎児のもカフェインがいきやすくなります。

胎児にはカフェインを分解する力があまりないので、胎児の中にカフェインが溜まりやすくなってしまいます。

妊娠中はカフェインが含まれていない青汁がおすすめ

カフェインは胎児に悪い影響を与えるので、妊娠中にカフェインを摂ると胎児が亡くなってしまう危険性が高くなります。

そして、胎児の成長にも影響する可能性が出てくるといわれています。

実際にこのことは研究で証明されており、毎日カフェインを多く摂ることによって胎児の危険性が増すという結果が出ています。

カフェインによってカルシウムが不足している人は骨粗しょう症になりやすく、肝臓の働きが悪い人は高血圧になりやすいことから、妊娠中にカフェインを摂ると胎児の成長を阻害することがあるとしています。

ですが、詳細なカフェインによる胎児への影響は完全に解明されているわけではありません。

完全に解明されていませんが、胎児のことを思うならカフェインは摂らない方が良いでしょう。

青汁にはカフェインがあまり含まれておりませんが、抹茶や緑茶にはそれなりに含まれています。

そして、青汁の中にはカフェインが含まれていないものも販売されています。

そのため、妊娠している人はカフェインの含まれていない青汁がおすすめになります。

青汁を飲んで健康を維持し、胎児を健やかに成長させましょう。

妊娠中は便秘になりやすい?

妊娠をすると便秘になりやすいといわれています。

それでは、その理由は何なのでしょうか?

胎児が成長して腸を圧迫する

妊娠後期になるとお腹の中で胎児は大きくなり、母親の腸を圧迫しやすくなります。

そして、圧迫されると腸の動きが抑えられるので便秘になりやすくなります。

また、腸だけでなく肛門も押し付けられることから、便秘だけじゃなく痔にもなりやすいといえます。

このように、胎児の成長に合わせて便秘になりやすくなるので、妊娠後期に便秘になる可能性が高くなるといえます。

黄体ホルモンが影響すること

黄体ホルモンは、子宮を縮めるのを抑制する働きがあります。

この影響で子宮だけでなく、便を肛門まで運ぶ筋肉も縮めるのを抑えてしまうため、腸の動きが悪くなってしまいます。

それと、体内に水分を溜めようとする働きもあるので、腸から多く水分を吸い取ってしまいます。

そうすると便の水分は減るので便が硬くなってしまいます。

そのため、便を出すことが困難になってしまいます。

これらの働きをする黄体ホルモンは妊娠中に多く分泌されるので、妊娠をすると便秘になりやすいのです。

ストレスや運動不足

妊娠をすると精神が不安定になりやすく、様々なことにストレスを感じてしまいます。

精神と自律神経には深い繋がりがあり、ストレスを受けることによって自律神経のバランスが崩れやすくなります。

そして、自律神経のバランスが崩れると腸の働きが低下し、便秘になってしまうことがあります。

また、運動不足も便秘の原因になります。

運動不足になると腸の動きは低下するので、便秘になりやすくなります。

しかし、妊娠をすると体を動かすことが辛くなります。

そのため、どうしても運動不足に陥りやすくなってしまいます。

妊娠中の便秘には青汁が効果的

便秘を解消するのに、便秘薬を使用することには抵抗があります。

それは、薬によって胎児に影響が出てしまうことが気になるためです。

そのため、便秘を解消するには食事の内容に気を使うことや、水分をしっかりととることや、適度な運動をすることが大切になります。

しかし、中には運動をする気力がないという人もいます。

そのような人におすすめなものが青汁です。

青汁には、便秘解消に役立つ食物繊維が豊富に含まれていますので、妊娠中の便秘を解消する効果が期待できます。

また、水分補給にもなるので一石二鳥といえます。

しかし、青汁には多少なりともカフェインが含まれているので、妊娠中はカフェインの含まれていない青汁を飲むようにしましょう。

青汁は便秘解消効果だけでなく、足りない栄養素を補うことができるので、健康を考えるのなら青汁を飲むことをおすすめします。

まとめ

以上、妊娠中の青汁のことに関することを紹介してきましたが、いかがでしたか?

妊娠中にカフェインを摂ることは良くないので、カフェインは控えるようにしましょう。

そして、青汁は妊娠中に飲んでも大丈夫なので、元気な赤ちゃんを産むために青汁を飲むことをおすすめします。

しかし、一般的な青汁にはカフェインが多少なりとも含まれているので、カフェインが含まれていない青汁を飲みましょう。

それでは、青汁を飲み、健康を維持して、元気な赤ちゃんを産んでください。




青汁