白髪染めのストレスをおしゃれに変えよう

白髪染め

SKWELL 帽子 クイーンヘッド レディース uvカット 日よけ 小顔効果抜群 漁夫帽 ビーチ帽 戸外 折りたたみ可能サイズ調節可 サファリハット 綿帽 紫外線対策 蝶結び リボン 可愛い 春夏秋 旅行 つば広 無地 レジャー オシャレ

毎月の白髪染めは誰でも憂鬱になるものですよね。

白髪が多い人は月に2回だったり多い人では週1回部分的に染めている人もいるかもしれません。

洋服もメイクもばっちりなのに出かける前に鏡で白髪が見つかったら落ち込みますよね。

この記事では白髪染めのストレスから解放されるおしゃれの方法をご紹介していきます。

白髪染めのストレスが毎月無くなればお金も時間も節約できますよね。

>>私が実際に使って良かった市販の白髪染めTOP3


白髪が頭頂周りに出る人のおしゃれの方法

白髪がどうしても頭頂周りに出やすい人はおしゃれな帽子のコーディネートを日常に取り入れてみましょう。

写真を取ったり室内で帽子を脱ぐ機会があれば白髪染めは必要ですが普段の子どもの送り迎えや買い物では帽子は脱ぎませんよね。

おしゃれな帽子をファッションのコーディネートに取り入れることで普段のコーディネートも一層おしゃれになります。

おすすめはツバの広い帽子

帽子にもさまざまな種類がありますがその中でもおすすめの帽子はツバの広いタイプの帽子です。

日焼け止めを塗らなくても肌の紫外線対策にもなりますし髪の毛がしっかりと隠れます。

すっぴんの顔をうまく隠してくれるアイテムにもなります。

できるだけデザインはシンプルなものを選ぶと飽きが来ずに長く使うことができます。

カラーは白色寄りのものを選ぶと顔をパッと明るく見せてくれる効果もあります。

>>私が実際に使って良かった市販の白髪染めTOP3


白髪が毛先に出る人のおしゃれの方法

白髪が毛先に出やすい人は髪を普段からまとめるようにしましょう。

可愛いヘアアクセサリーのゴムやシュシュ、ピンなどを使うことで髪の毛のおしゃれを楽しめます。

雑貨店で買うと高いヘアアクセサリーですがダイソーやキャンドウ、セリアなどの100円均一でもおしゃれなものを買うことができます。

おすすめはボリュームのあるまとめ髪

髪を結んでヘアスタイルをつくる時にはなるべく毛先を髪の毛の中に入れ込んだお団子のまとめ髪スタイルをつくるようにしましょう。

ポニーテールなどの毛先が出ているヘアスタイルは白髪が目立つことがあります。

ボリュームのあるお団子をつくってボリュームのあるシュシュやカラフルなヘアアクセサリーを付けることによって視線をアクセサリーに集中させます。

少しの白髪なら他人から見てもアクサセリーの印象が強いのであまり気づきづらくなります。

白髪がもみあげに出る人はカチューシャを利用しよう

白髪がもみあげ部分、耳周りに出やすい人はカチューシャを利用しましょう。

一般的な黒や茶色などの色ではなくできれば明るい色や装飾の付いたものを選びましょう。

目線をカチューシャに集中させることが重要です。

そして太めのカチューシャを選ぶことで耳周り、もみあげ周りの白髪をうまく隠すことができます。

カチューシャを買うならプラザがおすすめ

100円ショップなどでも売っているカチューシャですがどうしてもおばさんくさくなりがち。

おしゃれでキラキラした太めのカチューシャを選ぶならプラザがおすすめです。

実際に試すことができるのでうまく白髪が隠れるカチューシャを見つけることができます。

おしゃれ上級者の人はスカーフ巻きにチャンレジしてみよう

石原さとみさんがファッションコーディネートに取り入れたことでも有名なスカーフ。

頭に巻くことでファッションのワンポイントとして使うことができます。

スカーフといえば上品でエレガントなイメージなので大人の女性のマストアイテムといえます。

スカーフを巻くなら毛先ではなく頭頂周りに巻こう

スカーフの巻き方にはそれぞれの方法がありますが白髪を隠すなら頭頂周りから頭の後ろにかけて大きく巻くようにしましょう。

毛先を中心にすると白髪が見えてしまうことがあります。

シンプルな色合いやデザインを選ぶことで気軽に取り入れることができます。

まとめ

いつものファッションに何かスパイスを加えられたなら素敵ですよね。

それが白髪を隠すためであっても新しい自分を発見できるかもしれません。

例えばスカーフならビンテージのものを選んでみたり逆に少し見える白髪を編み込んで色合いを楽しんでみたり。

白髪染めは染めなくてはいけないというステレオタイプからヨーロッパなどの欧米諸国ではスタンダードな「白髪を自分のスタイルとして楽しむライフスタイル」を取り入れてみましょう。




白髪染め