青汁の3つの選び方を紹介!何を目指すべきか決める事が大事

青汁

32

青汁は健康に良さそうイメージで飲み始めてしまう方が数多くいます。

しかし、そのようなイメージ先行で飲み始めてしまうと何も効果を感じられずに、青汁を飲むのを止めてしまう方がいるのです。

そのような事にならないためには、なぜ青汁を飲むのか決める事が大事でしょう。

そこで、青汁を飲む目的を決めるために、青汁のメリットや選び方を紹介しましょう。




目的意識を把握

青汁は、数多くの栄養素が含まれているので健康を維持するために、栄養補給のために飲み始めるのは間違いではありません。

ただし栄養を補給できるとは言え、長生きできる訳でもなければ、病気にかからないという訳ではないのです。

あくまでも、数多くある栄養素を摂取できるので、健康的な体になるというだけなので注意する必要があります。

青汁は、健康面だけでなく、美容やダイエットにも良いと言われています。

この美容やダイエットも注意しなければいけません。

青汁を飲むだけで、肌がスベスベになる訳でもなく、痩せていく訳でもありません。

肌を美しくするために、足りていないものを把握して、その足りていないものを青汁で補給する事が大事なのです。

それは美容だけでなくダイエットでも同じ事で、何が原因で痩せられないのか把握してから、その原因を青汁で解決できるのか知っておく必要があります。




青汁を飲むメリット

青汁は1日や2日飲むだけでは、効果を実感するのは難しいので毎日飲み続ける事が重要になります。

継続して飲み続けるためには、青汁を飲む事によってメリットが得られるか分かる事が重要です。

なぜなら、メリットが得られる事が分かれば、毎日飲み続けようと考える事が出来るからです。

栄養補給

青汁には、ケール・ゴーヤ・大麦若葉・明日葉など多くの野菜が使われています。

この野菜のおかげで、青汁には、健康に良いと言われる栄養素を数多く摂取する事が可能です。

青汁に含まれている栄養素は、ビタミンC・ビタミンE・β-カロチン・食物繊維・カルシウム・メラトニンなどがあります。

どの栄養素も健康に良いので、普段の食生活で足りていないものを補給しやすいと言われています。

美容

青汁に含まれているビタミンには、美容に良い働きをしてくれます。

ビタミンCは、多くのサプリでも使用されているほどで、抗酸化作用があってシミの対策に使われています。

さらに美容で注目されているコラーゲンを生成する働きまであるのです。

ビタミンEは、血行を良くしてくれるので老廃物を排出しやすくなって、毒素がたまらないようになります。

毒素がたまってしまえば、肌のターンオーバーが乱れて、肌荒れや乾燥肌など様々な肌トラブルをまねいてしまいます。

それが、ビタミンEを摂取する事で、肌トラブルを抑えてくれるのです。

ダイエット

青汁を飲む事によってデトックスをすれば、美容に良いだけでなく、ダイエットにも良い働きをしてくれます。

その理由は、デトックスをしなければ腸内に老廃物がたまってしまうので、その老廃物が血液やリンパの流れを悪くしてしまいます。

血液やリンパの流れが悪くなれば、新陳代謝が低下してしまい脂肪がたまりやすくなってしまうのです。

しかしデトックスしやすくなる食物繊維は、野菜に多く含まれていますが、野菜はカロリーが少ないとは言え積極的に食べてしまうと太ってしまう可能性があります。

それにひきかえ、青汁のカロリーは野菜より少ないので、少ないカロリーでデトックスをするのに必要な栄養を摂取しやすくなるのです。

青汁を飲んだほうが良い場合

青汁のメリットが分かった所で飲んでみたいと思ったかもしれませんが、注意しなければいけない事があります。

それは青汁を飲んで効果が現れる方がいれば、効果が現れない方もいるのです。

そこで、青汁を飲んで効果が現れる場合を説明しましょう。

栄養が少しだけ足りない場合

青汁を飲んで健康になりやすい方は、食生活に気を付けている状態で、少しだけ栄養が足りていない場合です。

例えば、ダイエットをして必要な栄養が全く足りていない場合は、青汁を飲んでも栄養が足りない場合があります。

その他にファーストフードが好きで、脂の多い物を食べている方が、青汁を飲んで健康になる事は難しいのです。

青汁を飲んで健康になるためには、ある程度はバランスの取れた食生活を送るように心がける必要があるでしょう。

デトックスが出来ない場合

青汁を飲む事によって、肌荒れを抑える事が出来る場合は、あまりデトックスできていない場合です。

なぜなら、肌に合わないファンデーションを使用したり、メイク落としをしないで寝なかったりする場合も肌荒れになってしまうからです。

青汁が、肌を直接スベスベにする訳ではないので、このような原因のある方は、青汁を飲んでも美容に良い効果を期待できるのは難しいでしょう。

そのため、青汁を飲む事によって美容に効果を期待出来るのは、デトックスがあまり出来ていない方に限られます。

便秘気味の場合

青汁を飲んで痩せられた方は多いので、それを聞いて青汁を実際に飲んでも痩せられなかった方も多くいます。

なぜ、このような個人差が起きてしまうのかと言えば、青汁は消費カロリーを増やしてくれる訳ではないからです。

あくまでもデトックスしやすくなって、血液やリンパの流れを良くして、新陳代謝が上がるという事なのです。

そのため痩せやすい体にはなりますが、カロリーの多い物ばかりを食べても、青汁を飲んだら大丈夫という訳ではないので気を付けましょう。

おすすめの青汁

青汁を飲む事によって、良い効果が現れそうな方は、1日でも早く青汁を試してみたいと思うでしょう。

しかし、青汁の商品は数が多いので、どれを購入するべきか悩んでしまいます。

そこで、健康・美容・ダイエットに効果が現れそうな青汁を紹介しましょう。

極の青汁

数多くある青汁のなかでも、原料にこだわった青汁が「極の青汁」です。

この青汁は、国産の大麦若葉や明日葉などが使用されているので、安心して青汁を飲む事が出来ます。

さらに、野菜不足を補うために「ケルセチンプラス」というものが含まれています。

青汁に含まれているケルセチンは健康に良いポリフェノールで、このケルセチンプラスというのは、体に吸収されやすいケルセチンとして作られたものです。

そのため少ない量でも、野菜不足を補う事が出来るので、健康になりたい方におすすめの青汁です。

健康道場粉末青汁

美しい肌になるためには野菜を食べる事が重要です。

しかし、平成26年厚生労働省の調べによると日本人の多くは、野菜摂取量が58gも足りていない事が分かっています。

所が「健康道場粉末青汁」は1袋だけで100g分の野菜を補えるのです。

1日に必要な野菜の摂取量は350gと言われているので、この青汁であれば日本の平均値と同じぐらい野菜を摂取していれば、1袋で不足した野菜を補えるのです。

もしも野菜の摂取量が足りたら、お肌の調子が良くなる可能性は高いでしょう。

ふるさと青汁

青汁でダイエットしたい方におすすめなのが「ふるさと青汁」です。

この青汁は100gあたりで、食物繊維が5.6g・ビタミンB1が0.1mg・ビタミンB2が0.24g・ビタミンEが4.3mg・カリウムが540mgもあります。

この栄養素はデトックスしやすい働きがあるので、ダイエットをしたい方は摂取したほうが良いでしょう。

まとめ

青汁は苦い味がするので、牛乳やハチミツなどを入れなければ、毎日継続して飲み続ける事が難しいと言われています。

そのため継続して飲み続けるために、青汁を飲んで本当に良い効果が現れるのか知る必要があるでしょう。

青汁を飲んでも効果が現れない方もいますが、それは日常生活を少し改善するだけで効果が変わってきます。

そのため青汁を飲んでも効果が現れなかった方は、何が原因で目的を達成出来ないのか把握するようにしましょう。




青汁