青汁界のエース的存在! 大麦若葉の優れた効果とは?

青汁

ヤクルト 青汁のめぐり 225g(7.5g×30袋)

青汁の原料にされている緑の野菜には、体に良い栄養素が豊富に含まれています。

そのため、青汁を飲むことは健康を維持したり高めることに役立ちます。

そして、ここで紹介したいものは「大麦若葉」になります。

青汁の原料の一つとして使用されてる大麦若葉には、様々な健康効果があります。

そんな、大麦若葉の健康効果や特徴などを紹介していきます。




万能野菜の大麦若葉

大麦若葉とはイネ科の植物で、大麦の若い葉のことをいい、原産は中央アジアになります。

なぜ若葉が使用されているのかというと、大麦の成長過程で若葉の時期が一番栄養価が高いため、大麦の若葉が使用されています。

その大麦若葉は古い時代から栽培され親しまれてきました。

現代は主に青汁の原料として使用されていますが、緑の野菜独特の青臭さや苦みやクセなどはあまりないので、青汁の原料の中では飲みやすいものといえます。

そして、タンパク質やビタミンやミネラルなどバランスよく含まれています。

バランスよく含まれているということは魅力的なことで、相乗効果によって健康効果を高めることができます。

また、クロロフィルやSOD酵素も含まれています。

これらの成分は、老化の原因となる活性酸素を除去する働きがあるので、老化を防止し、健康や美容効果を高めることができます。

そのため、いつまでも若々しくいたい人に大麦若葉の青汁はおすすめです。




大麦若葉のデトックス効果

ミネラルやクロロフィルのデトックス効果

大麦若葉にはミネラルやクロロフィルが含まれていることから、コレステロール値を抑制する効果があります。

そして、ミネラルの一種である食物繊維には、消化吸収に関わる胆汁酸を体外に排出する働きがあります。

また、クロロフィルには体内の有害物質を排出する働きがあり、肌を綺麗にしたり、病気を予防する効果が期待できます。

そんな効果のあるクロロフィルは、血液をサラサラにする働きもあり、とても気になる体臭や口臭の改善効果が期待できます。

2種類の食物繊維がバランスよく含まれている

大麦若葉は便秘解消効果にも期待することができ、便秘解消に役立つ食物繊維が豊富に含まれています。

その食物繊維には、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の2種類あり、どちらかが不足していると便秘を解消することは難しくなります。

しかし、大麦若葉にはその2種類の食物繊維がバランスよく含まれているので、便秘解消に効果的なのです。

現代は色々な食べ物に溢れていて、カロリーが高い物や消化に負担のかかる物など、体に負担のかかる食べ物が多くあります。

そのため、胃腸は弱っていき、胃腸の働きは低下してしまいます。

そうすると、腸内環境が悪くなり、便秘に繋がってしまうことがあります。

そのような便秘を、大麦若葉を摂ることによって解消することができます。

水溶性の食物繊維は腸内の善玉菌の餌になり、不溶性の食物繊維は腸の蠕動運動を促進させるので、便秘を解消することができます。

そのことにより、腸内環境はさらに良くなり、血行を良くすることができます。

これらのことをデトックス効果といい、体内の悪い物を排出することにより新陳代謝が高まり、健康的になることができます。

ダイエットしたい人におすすめの大麦若葉

食事制限のダイエットはリバウンドしやすい

世の中にダイエットをしている人が多くいます。

そして、様々なダイエット法がありますが、運動のダイエットはとても辛く、続かない人が多いです。

そのため、単純に食事の量を減らしたり、炭水化物ダイエットをしたりする人は多くいます。

しかし、このようなダイエットは身体に悪く、おすすめできません。

また、痩せることができても、健康的に痩せることはできなく、リバウンドしやすいのが食事制限ダイエットの特徴になります。

これらのことにより、運動をして脂肪を燃焼し、食事をしっかりととることが大切になりますが、バランスよく栄養を摂るということは意外と難しいものです。

そして、太るような人は、栄養バランスを考えて食べることがヘタなので太ってしまいます。

そのような人におすすめのものが、大麦若葉の青汁です。

ダイエットに効果的な大麦若葉に含まれている栄養素

栄養成分のビタミンB群とビタミンCには代謝を促す作用があります。

代謝が良くなるということは、血液の流れが良くなるということなので、デトックス効果が高まったり脂肪が燃えやすくなります。

この栄養成分が大麦若葉には豊富に含まれているので、ダイエット効果を高めることができます。

また、大麦若葉の青汁にはタンパク質やビタミンやミネラルが豊富に含まれているので、健康的に痩せることができます。

そのため、野菜が嫌いだったり、野菜不足になっていたりする人は大麦若葉の青汁を飲むと良いでしょう。

しかし、ダイエットは運動をすることも必要なので、ウォーキングやジョギングや水泳などの有酸素運動も行いましょう。

最近はスロージョギングという有酸素運動が注目されており、苦しい思いをしないで運動をすることができます。

スロージョギングというのは、歩くくらいの速さで走ることをいい、苦しくないので続けやすい運動です。

そして、ウォーキングの1.6倍のカロリーを消費するといわれているので、普通のジョギングが辛い人はスロージョギングをしてみると良いでしょう。

大麦若葉のアンチエイジング効果

人は誰でも若々しくいたいと思います。

しかし、人は時間の経過とともに老化していきます。

そんな老化を防止し、若々しくなる効果が大麦若葉にはあります。

大麦若葉にはSOD酵素という成分が含まれています。

そのSOD酵素には抗酸化作用があり、体に有害な活性酸素を除去する働きがあります。

活性酸素は常に作られていて、紫外線を浴びたり、強いストレスを受けたり、激しい運動をすることにより多く作られてしまいます。

そうすると、そのことが老化を促進させてしまいます。

つまり、活性酸素には老化を促進させる作用があるのです。

そのため、大麦若葉の青汁を飲み、SOD酵素を補給して活性酸素を除去する必要があります。

老化を促進させる活性酸素を除去することによって、老化を防止することができるのです。

活性酸素が増えると、肌が荒れやすくなったり、不健康的な髪の毛になったりするので注意が必要です。

また、体内のSOD酵素は歳を重ねるごとに減っていくので、SOD酵素をしっかりと摂ることが大切です。

そして、SOD酵素を効率よく摂る方法が大麦若葉の青汁を飲むことになるので、大麦若葉の青汁を飲んでアンチエイジングに努めましょう。

妊娠している人にも大麦若葉青汁はおすすめ

妊娠をしている人は、健康な赤ちゃんを生むために栄養に気を配らないといけません。

妊娠している人が摂っておきたい栄養素は色々ありますが、ここでは葉酸の重要性について説明します。

葉酸は人間に欠かせない栄養素で、主に細胞分裂やDNAを作ることに使用されます。

また、ビタミンと合わせることにより、動脈硬化を防止したり、赤血球を作る働きが生まれます。

赤血球とは血液に含まれている成分で、赤血球を作ることにより血液を増やすことができます。

お腹の中の胎児を健康的に育てるには、胎児に栄養を送る血液が必要になります。

そのため、妊娠している人は葉酸を摂り、血液を増やすことが大切なのです。

葉酸はホウレン草などを食べて摂ることができますが、大量に食べなくてはいけないので、効率的に葉酸を摂ることができません。

そんな時におすすめなのが、大麦若葉の青汁です。

大麦若葉には葉酸や、その他の身体に良い栄養素が豊富に含まれているので、大麦若葉の青汁を飲んで葉酸を摂りましょう。

まとめ

栄養バランスのよい食事をとることは、健康的に過ごすための基本になります。

そのため、食事の内容や、しっかりと食べることが大切なことになります。

しかし、忙しかったり、ダイエットなどで食事をしっかりととれない場合があります。

そのような時は大麦若葉の青汁を飲んで、足りない栄養を補給しましょう。

大麦若葉の青汁は苦みが少ないので飲みやすく、栄養価の高いものとなっています。

それでは、青汁を飲むことを習慣にして快適に過ごしていきましょう。




青汁