食物繊維の不足が気になったら青汁を試してみよう。

青汁

食物

食物繊維は体に吸収されない、食べた物のカスだと考えられていましたが、1970年代以降は五大栄養素の仲間に加わって今では六代栄養素と言われるようになりました。

それは食物繊維が、私たちの腸を健康に保つためにとても重要な役割を果たすということが分かったからです。

今、日本人の食物繊維の摂取量は大きく減っているようです。

その理由として考えられるのが食の欧米化です。

食の欧米化によってお米などの穀物類の摂取が減り、肉類や乳製品などの摂取量が増えました。

食物繊維は私たちの体に様々な健康効果を発揮してくれます。

食物繊維の摂取量が不足気味な私たちは、もっと積極的に食物繊維を摂ることが大切だと言われています。

そんな中で、長くに渡って健康食品として野菜不足の強い味方と親しまれてきた青汁にはこの食物繊維も豊富に含まれているのです。




1日に必要な食物繊維はどれくらい?

日本の成人の1日に必要とされる食物繊維の目標摂取量は男性で20g以上、女性では18g以上と言われています。

数字で表してみると実際どれくらいの量なのか分かりにくいですが、例えばゴボウ100g分に含まれている食物繊維の量は5gです。

20gの食物繊維を摂るためには、400gのゴボウが必要となります。

そしておよその量ですが、キャベツでは2玉分、レタスでは4玉分、もやしでは4袋、ほうれん草では2束だという量になります。

これほどの量を食べるのはなかなかできそうにありません。

1日だけではなく、毎日継続することを考えると大変そうです。




青汁には豊富な食物繊維

青汁の代表的な原材料、大麦若葉やケール、明日葉などの緑葉野菜には、食物繊維が豊富に含まれています。

食物繊維が不足すると便秘などの腸内トラブルを起こします。

食事だけでは不足してしまう食物繊維を継続的に摂るために、食物繊維が豊富に含まれる青汁はおすすめな健康食品です。

2種類の食物繊維

私たちの体に健康効果を与えてくれる食物繊維。

この食物繊維には、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の2つの食物繊維に分かれています。

水溶性食物繊維は水に溶ける性質をもっていて、不溶性食物繊維は水に溶けない性質をもっています。

食物繊維を摂って腸の働きを元気にするためには、この2種類の食物繊維を組み合わせて上手に摂ることが大切です。

目安としては、水溶性食物繊維:不溶性食物繊維=1:2のバランスが良いと言われています。

水溶性食物繊維とはどんなもの?

水に溶ける性質の水溶性食物繊維を多く含む食品は、昆布やわかめなどの海藻類であるネバネバ系の物と、りんごやバナナなどの果物でサラサラ系の物があります。

水溶性食物繊維は胃や腸の中で食品の水分を吸収して粘性の形に変化します。

水分を吸収することで、便が硬くなることを防ぎます。

そして水分を吸収するだけでなく、毒素や老廃物を吸収して腸内環境を良くしてくれるのです。

それでは不溶性食物繊維とはどんなの?

水に溶けない性質の食物繊維を多く含む食品として、穀類、野菜、豆類などがあります。

胃や腸で水分を吸収して、大きく膨らむことで便の量が増えます。

便の量が増えると腸壁が刺激されて、便通が促進されるのです。

また、椎茸やえのきだけなどのきのこ類は水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の両方を含んでいる食品です。

食物繊維の健康効果

粘性の形に変化した水溶性食物繊維は、腸内をゆっくり移動します。

そのため、急速に糖分を吸収することを抑えられ糖尿病の予防にも繋がります。

また腸内をゆっくり移動することでお腹が空きにくくなるのでダイエット効果にも繋がります。

そして水分を吸収して大きく膨れた不溶性食物繊維は、便通を促進させることで食べた物のカスが腸に留まることなく、便秘予防の効果にも繋がります。

便秘などのトラブルは腸内環境が悪くなり、腸の中で悪玉菌の働きが活発になって私たちの体に様々な悪い影響を与えてしまいます。

2種類の食物繊維がバランスよく含まれる青汁

青汁には様々な種類があります。

その種類によって含まれる原料、そして食物繊維の量に違いがあります。

でもほとんどの青汁は、この2つの水溶性食物繊維と不溶性食物繊維のバランスをよく考えて作られています。

青汁は食物繊維を豊富に含んだ健康食品です。

普段の食事からだけでは食物繊維を不足に感じる方に青汁はおすすめです。

まとめ

腸内環境が悪くなると様々な病気や肌荒れなどの原因となります。

「腸は体を映し出す鏡」と言われるように、腸は私たちが健康で過ごすための大切な消化器官です。

食物繊維は腸に充分な水分を届けたり、消化せずに便の体積を増やしたりして、便通を促進してくれます。

腸を刺激して腸の働きを元気にしてくれる食物繊維は腸を健康に保ち、健康に過ごしていくために欠かせない物なのです。

そして青汁は腸を元気に導いてくれる食物繊維豊富な健康食品です。




青汁