飲むだけじゃない!おいしい青汁レシピご紹介

青汁

オムレツ

健康のため、あるいは美容のためにと青汁を飲んでいる方は多いと思います。

でも、飲むばかりだと飽きてしまうことはありませんか?

青汁を利用されている方の中には、ドリンクだけではなく、普段のお料理やお菓子作りにも青汁を使っている方がたくさんいらっしゃるんですよ。

粉末だから、いろんな調理に応用できちゃうんですね。

人気の青汁レシピ、実際に作ってみておいしかったものをまとめてみました。




青汁クッキー

青汁レシピで人気なのがこの青汁クッキーです。

作り方は簡単だし保存もきくし、子供さんがいる家庭ではおやつとして出すこともできます。

子供が喜んで青汁を口にしてくれると、親としてもうれしいですよね。

用意するのは、小麦粉200グラム、砂糖80グラム、バター100グラム、卵1個、牛乳少々、青汁です。

バターを常温に戻し、砂糖を入れてよくこねます。

砂糖がよく混じったら卵を入れ、次に小麦粉、青汁を加えます。

このとき、固くてこねにくいと思ったら牛乳を少し足してもかまいません。

生地ができたら伸ばして型を抜き、180度に予熱したオーブンで15分ほど焼きます。

型抜きが面倒な型は、適当な大きさに丸めてつぶし、丸いクッキーにしても大丈夫です。

ほんのりと青汁の苦味がして、いくらでも食べられる軽い風味のクッキーが出来上がります。

お子さんがおられる方におすすめですよ。

ダイエット中の方は砂糖の量を少なくしてもおいしくできます。

生地を多めに作って冷凍しておくと、おやつが切れてしまったときでもすぐに対応ができますよ。




青汁スムージー

大人気のスムージーにも青汁をちゃっかり加えちゃいましょう。

基本的に、お好きな野菜や果物と青汁、牛乳(豆乳)をミキサーでブレンドすれば出来上がりです。

私の個人的なおすすめとしては、りんごとにんじん、豆乳と青汁、ヨーグルトをブレンドしたものがよかったです。

さっぱりとしていますが、ヨーグルトを足しているので腹持ちがよく、朝食にはこれだけでも十分ということがありました。

食欲のない朝におすすめの青汁応用レシピです。

青汁はもともと、水で割って飲むとされている商品ですが、青汁を愛用されている方の中にはいろんなものとブレンドして楽しんでおられる方がいます。

飲むヨーグルトと割ってみたり、カフェオレに足してみたり、中には焼酎を割って青汁ハイにされる方もいらっしゃるようです。

青汁を足すと飲み口がさっぱりしますので、普段のドリンクの新しい味を発見できるかもしれませんね。

青汁のオムレツ

こちらもとっても手軽なレシピです。

もともと、オムレツのレシピにはほうれん草を混ぜるタイプのものがありますが、それを青汁で作っちゃったというものです。

卵を割って塩、コショウを加えてかき混ぜ、青汁の粉末を足して脂を引いたフライパンに流し込みます。

オムレツの形に仕上げてケチャップを乗せると、緑色と赤のユニークで鮮やかなオムレツが出来上がります。

青汁が苦手な子供さんにもおすすめですよ。

なお、卵の中にコーンや玉ねぎのみじん切り、ゆでて角切りにしたじゃがいも、ウインナーなどを混ぜると、青汁のスペイン風オムレツになります。

とてもボリュームがあって、夕飯のメインとしても堂々使えるレシピです。

フライパンにオリーブオイルを多めに流し、外をかりかりに仕上げるといっそうおいしさが増します。

食卓の彩りも鮮やかになるこの青汁スペイン風オムレツ、ぜひお試しになってみてください。

まとめ

粉末である青汁は、いろんなレシピに応用がききます。

飲むだけの青汁に飽きてしまった方は、普段のお料理に使ってみてはいかがでしょうか。

上記のレシピだけではなく、ハンバーグのつなぎに使っても、お塩を混ぜて青汁塩を作ってみても、その独自の風味で料理の幅がぐっと広がります。

青汁塩は、てんぷらにつけて食べるととってもおいしいです。

油っこいてんぷらがさっぱりおいしくいただけると評判なんです。

いろんな料理に青汁を足して、青汁ライフを楽しんでみてください。




青汁